NEWS
 

中国・上海、Powerlong Museum (宝龍美術館) 
グループ展「Under Current」参加
Powerlong Museum, Shanghai, China
Group Exhibition "
Under Current"

 

11.11.2022

2022年11月11日(金)から2023年1月29日(日)まで、中国・上海、PowerlongMuseum (宝龍美術館)にて、日本人アーティスト16名による展覧会、「Under Current」が開催されます。

アジア最大級のプライベート・ミュージアムといわれるPowerlong Museum (宝龍美術館)は、近年アジアのアートシーンの中心地として発展を遂げる上海において最も注目される美術館です。本展では、日本とアジアの懸け橋となり活躍する沓名美和氏をキュレーターに迎え、今後国際的にさらなる躍進が期待される16名の絵画や立体作品約100点を体系的に展示し、その豊かで多様な表現を上海から世界に向けて発信します。(本展プレスリリースより引用)


参加アーティスト(五十音順、敬称略)猪瀬直哉、加賀温、工藤麻紀子、熊谷亜莉沙、小⻄紀行、小林万里子、鈴木雅明、多田圭佑、⻑井朋子、名もなき実昌、平子雄一、松川朋奈、丸山太郎、森本啓太、安井鷹之介、山本雄基

 

 Artists:Toshiyuki Konishi, Tomoko Nagai, Tomona Matsukawa, Keisuke Tada, Yuichi Hirako, Naoya Inose, Keita Morimoto, Namonaki Sanemasa, Atsushi Kaga, Yuki Yamamoto, Masaaki Suzuki, Taro Maruyama, Makiko Kudo, Mariko Kobayashi, Takanosuke Yasui, Arisa Kumagai

Curator:Miwa Kutsuna



開催概要「Under Current」
会期:2022年11月11日(金)-2023年1月29日(日)
会場:Powerlong Museum Hall 4&5
住所:中国上海市閔行区漕宝路3055号
休館日:月曜

HP:http://www.powerlongmuseum.com/exhibition_detail/80.html

201668149581_.pic_hd.jpg
PHOTO-2022-11-12-21-33-05.jpg

森美術館 
六本木クロッシング2022展:往来オーライ!参加決定
MORI ART MUSEUM 
Roppongi Crossing 2022: Coming & Going

05.09.2022

森美術館は、2022年12月1日(木)から2023年3月26日(日)まで、「六本木クロッシング2022展:往来オーライ!」を開催します。

「六本木クロッシング」は、森美術館が3年に一度、日本の現代アートシーンを総覧する定点観測的な展覧会として、2004年以来共同キュレーション形式で開催してきたシリーズ展です。第7回目となる今回は、1940年代~1990年代生まれの日本のアーティスト22組を紹介します。既に国際的な活躍が目覚ましいアーティストたちから今後の活躍が期待される新進気鋭の若手まで、創造活動の交クロッシング差点となる展覧会です。(森美術館HPより引用)

会期:2022.12.1(木)~ 2023.3.26(日) 会期中無休

開館時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)

※火曜日のみ17:00まで(最終入館 16:30)

※ただし1月3日(火)、3月21日(火・祝)は22:00まで

会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)

website:https://www.mori.art.museum/jp/exhibitions/roppongicrossing2022/index.html

“Roppongi Crossing” is a series of co-curated exhibitions staged every three years by the Mori Art Museum. It was first launched in 2004 to provide a snapshot of the contemporary Japanese art scene at a particular point in time. This seventh edition is to showcase works by 22 Japanese artists (all born between the 1940s and 1990s) and artist groups, in an exciting cross-section of creative output by young promising artists as well as well-established artists recognized in the international art scene. (quote from Mori art museum website )

Period:2022.12.1 [Thu] - 2023.3.26 [Sun] Open every day

Hours:10:00‐22:00 (Last Admission: 21:30)

* 10:00-17:00 on Tuesdays (Last Admission: 16:30)

* Open until 22:00 on Tuesdays of January 3 and March 21, 2023.

Venue:Mori Art Museum (53F, Roppongi Hills Mori Tower)

website:https://www.mori.art.museum/en/exhibitions/roppongicrossing2022/index.html

LINE_P20220925_195036609.png
LINE_P20220925_194953297.png

IAM Contemporary Art

06.28.2022

We are pleased to announce the opening of a new art gallery called IAM Contemporary Art, in Valletta, Malta this July. IAM was established in 2017 by Naoya Inose, a Japanese artist. In 2018, IAM launched a language and artist-in-residence program for emerging Japanese artists. The new art gallery aims to create a new space where one can experience contemporary art, along with empowering the art scene in Malta and Europe with selected International artworks.

IAM Contemporary Art

Address: 39, Old Mint street, Valletta, Malta 

Email: info@iamcontemporaryart.com

Tel: +356 9971 2149
Instagram: @iam_contemporary_art

Website: https://iamcontemporaryart.com

WhatsApp Image 2022-06-07 at 7.31.19 PM.jpeg
IMG_3542.JPG

THE CLUB  Tokyo
Naoya Inose solo exhibition "The Utopia Chapter 6"

この度、THE CLUBは猪瀬直哉による個展「The Utopia Chapter 6」を開催いたします。

“ユートピア” ー それはバビロニアのバベルの塔のように、何世紀にもわたり伝えられてきた、人間の傲慢性を象徴する寓話の一つ。本展覧会では、猪瀬直哉が創り出す架空の世界に存在する“ルーメン美術館”に所蔵される、ユートピアに関する数々の作品や歴史に迫ります。

14世紀から21世紀に至るまで長らく画家のモチーフとなってきたユートピア。そのミステリアスな景観は、古い書物から現代に至るまで多岐にわり人々を魅了してきました。神話としてなのか、現実にあったことなのか、謎多きユートピアで一体何が起こり、現在どのように 捉えられているのか。

「架空とされる事物をこれまで何世紀にもわたり、画家は描いてきました。このような寓話に見られる人間の傲慢性を1からフィクションで創作してみたいと思ったことがきっかけでこのシリーズができました。こういったアプローチは、映画ではよく見受けられます。擬似ドキュメンタリー的な側面の強い表現方法を元にし、人々が彼らにとって都合の良い建造物を作り、自然が耐えられなくなって見捨てられてしまう。長い時代を通してまた、違う視点を持ってネガティブに、またはポジティブに描かれた作品群をご鑑賞いただきたいです。」
―猪瀬直哉

各時代の西洋絵画史を象徴するような、様々な絵画様式で描かれた今回の展示作品からは、その謎多きユートピアの発展を垣間見ることができます。猪瀬の圧倒的な絵画技法によって具現化される、“ユートピア”の世界をどうぞお楽しみください。

THE CLUB is pleased to present "The Utopia Chapter 6," a solo exhibition by Naoya Inose.

"Utopia" - it is one of the fables that have been passed down through the centuries, like the Babylonian Tower of Babel, symbolizing the arrogance of mankind. This exhibition explores the history and artworks related to Utopia in the collection of the "Lumen Museum," which exists in the imaginary world created by Naoya Inose.

Utopia has long been a motif for painters from the 14th century to the 21st century. Its mysterious landscapes have fascinated people from old books to the present day. What exactly happened in this enigmatic utopia, and how is it perceived today?

“For centuries, painters have been depicting supposedly fictitious things. This series was inspired by the desire to create a fictionalized version of the human arrogance found in these fables. This approach is often seen in films. It is based on a pseudo-documentary aspect of representation, where people build structures that are convenient for them, and nature becomes unbearable and is abandoned. I hope you will appreciate this group of works depicted negatively or positively, again with different perspectives throughout the long period of time."

-Naoya Inose

The works in this exhibition, painted in a variety of painting styles that symbolize the history of Western painting in each period, offer a glimpse into the development of this enigmatic utopia. Please enjoy the world of "Utopia" embodied by Inose's overwhelming painting techniques.

■展覧会詳細

「The Utopia Chapter 6」

アーティスト:猪瀬直哉 
会期:2022年4月28日(木)~2022年6月11日(土)
時間:12時―19時
休廊:⽇曜、⽉曜
場所: GINZA SIX 6F THE CLUB(銀座 蔦屋書店内)
紹介ページ:https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/26198-1348270421.html


Instagram:theclub.tokyo​
お問い合わせ:theclub@ccc.co.jp

■Overview

「The Utopia Chapter 6」

Artist:Naoya Inose 
Period:2022. 4. 28~2022. 6. 11
Open hours:12:00―19:00
Close:Sunday, Monday
Venue: GINZA SIX 6F THE CLUB, Tokyo
Website:https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/26198-1348270421.html


Instagram:theclub.tokyo​
Contact:theclub@ccc.co.jp

58854-304-874441c594ddd74f40fbcdfb097e0cba-1633x1197.png.webp
PHOTO-2022-04-28-04-46-54.jpg

Naoya Inose, The Construction, 1534, Edward Clarke, 2021, Black ink and watercolour on wooden panel, 41×30.5cm, ©THE CLUB



 

世界を旅し、アートフェアや海外のギャラリーなどを通して無数の作品と出会う中で、⼀⽬惚れのように惹きつけられた作品をコレクションしてきた桶⽥俊⼆・聖⼦夫妻。⾻董のコレクションから出発し、草間彌⽣の作品との出会いをきっかけに現代アートの本格的な収集を始めたのが2010年。2020年からは、パンデミックの影響で国際展やアートフェアも延期や中⽌、また海外への渡航そのものも困難になったことで、国内に⽬を向けたこの2年間。⽇本の現代アート作家を中⼼に、未来を明るく輝かせてくれるような、パワーを感じる作品を求め続け、恒例となったコレクション展の第5回⽬はその集⼤成となります。

「このような時代だからこそ、皆様にもアートを⾝近で観て、感じて、⼼豊かな時間を過ごしていただければ幸いでございます。」と桶⽥夫妻は語ります。

SIRIUS(シリウス)は、太陽を除けば地球上から⾒える最も明るい恒星で、古代ギリシャ語で輝くという意味があります。桶⽥夫妻の審美眼が選んだ「⽇本の輝く星たち」。時代の本質を捉えるアーティストたちの、エネルギー溢れる作品に出会える機会に、ぜひ⾜をお運びください。

<展覧会概要>

展覧会名 OKETA COLLECTION: THE SIRIUS

会場   スパイラルガーデン(東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F)

会期   2022年4月9日(土)〜4月24日(日)<休館日なし、全16⽇間>

開館時間 11:00-20:00(閉館時間は変更される可能性があります。当⽇の営業時間は、Spiral Webをご確認ください)

入場料  無料

主催企画 OKETA COLLECTION

<出展アーティスト> *姓アルファベット順

井⽥ 幸昌、猪瀬 直哉、梅沢 和⽊、⼤⼭ エンリコ イサム、加賀 温、川内 理⾹⼦、⼩畑 多丘、SHUN SUDO、⽥村 琢郎、仲 衿⾹、中園 孔ニ、中村 萌、⽔⼾部 七絵、南 依岐、⼭⼝ 歴
今回スパイラルガーデンのアトリウム展⽰を⼭⼝歴が監修し、平⾯3点と⽴体作品を展⽰予定

 

OKETA COLLECTION: THE SIRIUS 2022

 


展覽介紹 Introduction


2022 年 1 月,日本東京畫廊 THE CLUB 再度來到台灣舉行「Horizon Dreams of Color 光之域」展覽,帶來了 4 位來自多樣背景的日本藝術家:近藤正勝 Masakatsu Kondo、猪瀨直哉 Naoya Inose、小瀨真由子 Mayuko Ose,以及今坂庸二朗 Yojiro Imasaka。

這次「Horizon Dreams of Color 光之域」的展覽,THE CLUB 延伸著 2021 年「Evanescent Horizon 情緒線」的概念,透過這 4 位新銳藝術家的作品,讓觀眾從繪畫與攝影的視角直接感受他們對於色彩的解讀,並進入 4 個不同的色彩領域,探索顏色的各種可能性。儘管這 4 位藝術家都出生於日本,但隨著他們個人背景與發展的不同,使得他們對於色彩都有著個人獨特的見解及詮釋方式。

通過每個藝術家跟色彩的關係,觀者彷彿變成了色彩的空氣,隨著天井的建築讓自然光照射到每一層樓,跟著進入這個光的領域,一步一步在視覺層次的引導下,去體驗色彩的不同樣貌,進而去認識藝術家在創作中表現的內在邏輯與脈絡,一層一層的接近藝術思想。


"Horizon Dreams of Color" - THE CLUB’s second exhibition in Taipei featuring Naoya Inose, Yojiro Imasaka, Masakatsu Kondo, and Mayuko Ose. Continuing from our first pop-up exhibition Evanescent Horizon, THE CLUB would like to continue introducing various talents from Japan. 

Horizon Dreams of Color wants to take viewers into four different realms of colors by putting these four artists together. Although all the four artists have their roots in Japan, their backgrounds vary and so do their approaches to one of the significant medium in art “colors.”

Wandering through each section as if the viewer became an air of colors, with the architecture of lightwell allowing the natural light to hit every floor, we hope you will be able to experience how colors could take different forms and also play huge roles in helping artists to achieve their unique expressions and ideas.

展覽資訊 Information
▪ 主辦單位 Organizer:THE CLUB 
▪ 公眾展期 Public Days:2022/01/15 Sat. - 2022/03/13 Sun.
▪ 開放時間 Time:Tue. - Sun. 12:00 - 20:00 (Closed on Monday)
▪ 展覽地點 Venue:LIGHTWELL (台北市中山區中山北路二段20巷6-1號)
▪ 入場票價 Admission:TWD 150
▪ 現場購票: 請洽現場櫃檯人員
▪ 網路購票:  https://lihi3.me/b0AFd


Also check out other Arts Events in TaipeiExhibitions in Taipei.

Horizon Dreams of Color 光之域 

NADiff【ART TEE LAB】


カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(東京都渋谷区)で“アートのある生活”を提案するCCCアートラボ事業部は、日本の現代アートをもっと身近に楽しんでもらいたいと考え「ART TEE LAB」プロジェクトをスタートさせます。第一弾目は8人の注目アーティストによる限定アートTシャツを発売します。2021年6月28日(月)より銀座 蔦屋書店オンラインストア、NADiff onlineにて先行予約をスタートさせ、8月より銀座 蔦屋書店などの店頭でも販売を行います。

 

現代アートをもっと身近にする「ART TEE LAB」プロジェクト。
ART TEE LABは日常的なTシャツというアイテムに「現代アート作品」を掛け合わせることで、日本の現代アートへの興味の扉を開くきっかけを作りたいという想いから誕生したプロジェクトです。
第一弾目となる今回は、8名のアーティストとアートTシャツを限定制作し発表いたします。この夏、ART TEE LABでお 気に入りの現代アートに出会ってみませんか?

<参加アーティスト>
猪瀬直哉、瓜生太郎、大野彩芽、風間サチコ、⻄山寛紀、森山大道、横田大輔、横山裕一 (五十音順) 

IMG_2223.jpg

THE CLUB Tokyo

Naoya Inose solo exhibition "Vacation on the Blue"

July 3, 2021 - August 27, 2021

THE CLUB is pleased to present Naoya Inose's solo exhibition, "Vacation on the Blue".

"This exhibition mainly introduces works that include the image of a pool (water). I have painted the motif with various metaphors in mind, sometimes as a symbol for Japan, and at other times, indicating life and death, silence, and the like. Water is the beginning of everything. It accounts for 80% of our body. And 71% of the surface of the earth.

This indispensable element for us living creatures is the theme of my painting, installations, and other works.

Through this exhibition, I want to offer the visitors an opportunity to deal with their reluctance to go on vacation due to the Covid-19 pandemic, and satisfy their wish through an imaginary experience instead. A Vacation with family, friends, and significant others. Not only do humans need such a thing, but the earth may also need a break. Vacations are essential. They help us, and the earth alike, to get started anew and recover.

Facing this situation, I decided to make an installation work that emulates a swimming pool as I have painted the motif for so long. It offers an imaginary vacation.
Visitors cannot jump into the pool and play in the water before their eyes. Still, I think the blue color field can stir the sensation of precious everyday experiences.

The new “Pocket Vacation” is a series of painted pools hung on the wall. I wish the exhibition can offer a vacation to both humans and the earth, in the best way I could imagine to do so.

Throughout my practice, I have tried to paint the harmony between the environment and human beings as the basic essence of my work. I want to continue to develop this theme and, if possible, create new forms of harmonious coexistence."-Naoya Inose



※Under current COVID-19 circumstances, the government is considering to enter another phase of state of emergency from April 25th to May11th, 2021. The state of emergency issued this time will most likely request all department stores to temporarily close. If this regulation is finalized and enforced, THE CLUB will also enter a period of temporary closure.
For those who have already made appointments online for Hiroka Yamashita's show "Cosmos Remembered" between April 25th and May 11th, we are extremely sorry to inform you that your appointment will be cancelled. We sincerely apologize for the incovenience caused.

However, the gallery will be open to the public for the entire day tomorrow (Saturday, April 24th). Hiroka Yamashita's show will be on view, without any appointments required.

We sincerely apologize for the inconvenience caused and thank you for your understanding.

PHOTO-2021-07-02-08-38-40.jpg

© THE CLUB

2nd discord Yohji Yamamoto Naoya Inose Collection

September 15, 2020

2nd discord Yohji Yamamoto Naoya Inose Collection​

discord Yohji Yamamotoとアーティスト猪瀬直哉氏との2回目のカプセルコレクションを発表します。猪瀬氏のアートワークを取込み、鮮やかなブルーを纏ったミニチュア化した作品のようなウォレットや、キーホルダー、1点1点に猪瀬氏が直接ペインティングを施したキャップが、限定エディションで展開されます。

discord Yohji Yamamoto GINZA SIX及び公式オンラインブティックのみで手に入れることができる限定コレクションは、9月18日(金)に発売され、猪瀬氏の作品が展示されているグループ展「TIMELESSNESS」(-9月23日終了)を開催中のTHE CLUBが在するGINZA SIX 6F蔦屋書店でも同日から特別なインスタレーションと共にエディションの一部がお買い求めいただけます。

THE CLUB「TIMELESSNESS」で展示中の「Monolith escape」をフラットにしたペインティングワーク「Monolith flat escape」が表現されたClassic wallet。アーティスト猪瀬直哉氏の作品に度々描かれ、自身のセルフポートレートでもあるペンギンのモチーフ。「Monolith flat escape」はプールサイドに立つそのペンギンの主観的な視点で描かれた景色。「プールサイドに立つ自分自身(ペンギン)が波の立たない静かな水に包まれてエスケープしている」。ペインティングがプリントで再現され、特徴的なブルーを纏ったClassic walletは、ミニチュアの作品のような存在感を放ちます。全てのボックスに猪瀬直哉氏のサインとエディションナンバーが描き添えられています。

フロントにdiscord Yohji Yamamotoロゴ、サイドにアーティスト猪瀬直哉氏の作品に度々描かれ自身のセルフポートレートでもあるペンギンと、ブルーに「n」がデザインされた猪瀬氏のスタジオロゴ(また、作品の裏に貼られる)が刺繍表現されたヘッドウェア。ブラックギャバジン素材でつくられ、刺繍のペンギンに載るように猪瀬が一点一点ペイントを重ね、エディションでありながら、全てがユニークピースのようなアイテム。ブルー、レッド、イエロー、グリーンの色はカラーバーの作品から抽出されています。全て一緒に見えるペンギンも色(中身)は違う、というメタファーである。全てのボックスに猪瀬直哉氏のサインとエディションナンバーが描き添えられています。

d34350-69-521720-0.jpg
d34350-69-758858-5.jpg

© Yohji Yamamoto Inc.

discord Yohji Yamamoto Naoya Inose Collection

May 06, 2020

discord Yohji Yamamoto Naoya Inose Collection

この度、THE CLUB所属アーティスト、猪瀬直哉と、discord Yohji Yamamotoによるカプセルコレクション「discord Yohji Yamamoto Naoya Inose Collection」を 発表致します。5/8(⾦)12時よりdiscord Yohji Yamamoto Online Boutiqueのみの限定発売となります。

油彩やアクリルを⽤い、緻密でリアルな⾵景画を描く、アーティスト猪瀬直哉。「Romantic Depression」 (ロマンチックな憂鬱 )と題された、⾃⾝2回⽬となるTHE CLUBでの個展で発表されている新作など5つの作品をピックアップし、discord Yohji Yamamotoと猪瀬 のセッションにより⽣まれたピースを、discord Yohji Yamamotoの限定コレクションとして販売します。

ブラックアウトした⿊の世界の中で、陰影をつくり、⼈の⾝体を起点に、有機的なクリエイションをかたちづくるdiscord Yohji Yamamotoの表現。陰鬱で複雑な世界の中に光が射し込み、無機的で空虚な中に、壮⼤な希望 (ロマンス )が宿る猪瀬⽒のペインティングワーク。 平⾯の中に存在する創造に対するロマンスが引き出され、discord Yohji Yamamotoのクリエイションの上に、ある種、無機的に、重⼒をもつことなく展開されながら、造形物として深い陰影(光)を⼿にする特別なコレクション 。

discord Yohji Yamamoto S/S 2020コレクションのシグネチャーであるバッグシリーズ Drapeをはじめ、Wallet SeriesやCard Caseに、猪瀬を代表するモノリスやペンギン、近年注⼒する テレビのカラーバーをモチーフにしたアートワークが表現されたコレクションは、個数限定で販売。猪瀬直哉の⼿書きのサインとエディションナンバーが記載されております。

discord Yohji Yamamoto Online Boutique(https://theshopyohjiyamamoto.jp/shop/c/c50/)のみの限定発売となります。

We are pleased to announce the limited capsule collection "discord Yohji Yamamoto Naoya Inose Collection" by "discord Yohji Yamamoto" with Naoya Inose. The collection will be on sale from May 8th 12pm , exclusively on discord Yohji Yamamoto Online Boutique.

The limited capsule collection includes Wallet, Card Case and signature bag series “Drape” from “discord Yohji Yamamoto S/S 2020” collection, featuring Naoya Inose’s paintings including works from his solo exhibition "Romantic Depression". Each piece will have Naoya Inose’s handwritten signature and edition number.

The collection will be available only on discord Yohji Yamamoto Online Boutique(https://theshopyohjiyamamoto.jp/shop/c/c50/)

PHOTO-2020-05-01-08-56-35.jpg
PHOTO-2020-05-01-08-57-18.jpg

© Yohji Yamamoto Inc.

Gallery Rosenfeld

The landscape: from the exterior to the interior

From its inception in 2011, gallery rosenfeld has always been interested in the genres which have defined art history and how they continue to provide inspiration for contemporary artists. Although the ‘portrait, ‘still life’ and ‘landscape’ still have a relevance, there is very little critical attention on these supposedly “outdated” subjects. The only exception to this is the portrait, which has recently assumed a renewed predominance.

 

The gallery will now host two exhibitions centred around ‘The Landscape’. The first will open on May 6th and is entitled ‘The Landscape Part 1 - From the Exterior to the Interior’, whilst the second ‘The Landscape Part 2 - From Arcadia to the City’, will open in late July.

 

The first exhibition will explore how traditional ideas of landscape have evolved in the modern and contemporary world.

 

featured artists:

 

Araminta Blue

Lu Chao

Mutaz Elemam

Ndidi Emefiele

Naoya Inose

Marianna Gioka

Eduardo Stupia

Ruozhe Xue